給水管更生工事をしてみませんか?

アパートやマンションなどの給水管が老朽化すると、スライムが付着して水の出が悪くなったり、錆が発生して赤水が出たりすることがあります。さらに老朽化が進むと水漏れや、凍結による水道管の破裂が起きやすくなります。また飲料水として使用する場合は、水質の劣化による健康被害の可能性も考えられます。適切なタイミングで給水管更生工事を行なうことにより、こうしたトラブルを避けることができます。給水管の法定耐用年数は15年とされています。これは税務上の計算のために設定された数字で、必ずしも実際の耐用年数とは一致しません。配管材の材質・仕様・施工方法などは、建物や建築年代によって多種多様です。老朽化の進行度に合わせて、給水管更生工事の計画を立てる必要があります。

パイプライニングのメリットとは

給水管が完全に破損した場合は、そっくり取り替える工事が必要になります。しかし給水管は壁や柱の内側に設置されていることが多く、必然的に大規模な工事となって、時間的にも金銭的にも大きな負担がかかります。そこで老朽化の度合いが軽い場合は、管の内側から再生する給水管更生工事が行なわれます。これをパイプライニングと呼んでいます。パイプライニングは解体工事が不要なため費用が節約できることや、工期も短くて済むことがメリットです。特に給水が止まると住民の生活に直結するため、短時間で工事が終わることは重要です。中規模のマンションの場合、現在では通常1日で給水管更生工事が完了するようになっています。もちろん老朽化の状態によっては、もっと時間がかかることもあります。

給水管更生工事の各種技術と限界

パイプライニングには四半世紀以上の歴史があり、さまざまな技術が開発されています。具体的には、まず給水管内をジェット水流などで洗浄します。次に特殊な研磨機を管内に入れ、圧縮空気などを使って、パイプの内側をすべすべに磨き上げます。最後に耐久力があり人体に無害な塗料で、管内をコーティングします。この塗料が錆の発生を長期間にわたり防止します。ただし、どんな給水管にでもパイプライニングが適用できるわけではありません。老朽化が著しいと、研磨の最中に穴が開いてしまうことがあります。また変則的な継手が邪魔をして、うまく研磨できないこともあります。こうした場合には管の交換が必要です。給水管更生工事の専門業者は、事前に給水管の状態を調査して、最適な方法を提案しています。

マンションを運営されている大家様、地域組合の方々に是非見ていただきたいです。 従来は取り替えるしかない排水管ですが、予算が高くなってしまいます。そこで排水管更生工事が必要となります。 弊社の技術は在大法人建築保全センターより認可がおりています。配管を外すことなく、排水管内に良質な防錆塗膜を形成できます。 東京トルネードのスタッフは熟練した技術と知識を習得しているプロです。 給水管更生工事のことなら【東京トルネード】